無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 夏日も終わって、いよいよ秋 | トップページ | 新旧交代 ディパック »

2012年9月23日 (日)

MCCが会津に  9/22

 金曜日の夜、宮城のK氏から突然の電話が、「今、港サイクリングクラブ(MCC)のツーリングで東山温泉に来てるんですよ。」というわけで、日曜日の朝東山温泉玉の屋へ向かいました。泊まっていたのは先発隊7名で本隊とは10時半に猪苗代で合流する予定とのことです。
Mm1

 

 どこか行きたいところは、の問に返ってきたのは、五万図に鉛筆で書き込まれた道。何と、白河街道旧滝沢峠の道ではないですか。石畳の残る道を早速上り始めます。道は最初こそ旧ですが、その後は結構落ち着いて乗ったり押したり、皆さんマイペースで進みます。
 Mm2

 

 藪のひどい沓掛峠は車道を走って、強清水で一息入れ、十六橋から小峠で長浜へ、その後仕方なく国道を走って集合場所の野口記念館には11時着。MCCの自転車はサドルバッグ仕様のクラブが中心です。
Mm3

 

 間もなく本隊も到着、総勢17名に。会長のU原氏は、どっかりと座り込んで記録をとっています。彼が、ウエハラクラブモデルの生みの親なのです。
Mm4

 

 昼食は、すぐ近くの「いわはし館」とのことでご一緒しました。注文はほぼ全員一致で祝言蕎麦に。温かいのと冷たいのが両方あって、温かい方は簡単ですが、冷たい方は薬味が5種類もあって大変でした。
Mm5_2

 

 さて、ここでMCCの皆さんとはお別れです。何とこれから裏磐梯に出て、レークラインを越し、土湯峠から更に山奥に入った幕川温泉まで行くと言うから驚きです。さすが、MCCのツーリングです。
Mm6_3

 

 私は、時間があったので、更に西進して、川桁駅で軽便鉄道の碑を見て、湖岸のサイクリングロードを経由して帰ってきました。
 Mm7

 

 帰ってから、ニューサイクリング9月号のシクロサロンの広告を確かめてみたら、「後半の連休は福島県を走ります!! クラブ行事で50年ぶりに猪苗代から土湯峠を登ることになりました。その後、磐梯吾妻スカイラインを通って福島に出る予定です。・・」となっていました。

« 夏日も終わって、いよいよ秋 | トップページ | 新旧交代 ディパック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MCCが会津に  9/22:

« 夏日も終わって、いよいよ秋 | トップページ | 新旧交代 ディパック »