無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 御前崎オフ 2/3~2/6(後半) | トップページ | まだまだ厳しい冬 »

2012年2月11日 (土)

会津絵ろうそくまつり

 会津若松では、2月の第2土曜日に絵ろうそくまつりが開かれます。この寒いのにと思いますが、丁度この頃が会津各地の雪祭りの時期になります。
 会津の絵ろうそくの歴史は、500年ほど前、当時の領主芦名氏が、漆の製造と共にその実から木ろうを採取し、ろうそくをつくらせたことに始まるといいます。そして、花のない会津の冬には、仏壇に花を添えることが出来ず、絵ろうそくを飾るようになったそうです。
 中心は、鶴ヶ城と御薬園で、金曜日の夜から行われているので、昨夕ちょっと鶴ヶ城に出かけてみました。
 これが、ろうそく立てですが、中は絵ろうそくではなかったですね。
Ro1

 小さな穴の開いたとんがり頭が沢山並ぶと見事です。
Ro2

 天守閣前の雪吊りのある庭にも、ろうそくが並びます。
Ro3

 焼き物のろうそく立てが多かったのですが、こんな四角のものも沢山並んでしました。
Ro4


 今年は寒さが厳しくて、道路がツルツルで大変でした。それから、夜の写真はなかなか上手く撮れません。三脚が必要だったかも。

« 御前崎オフ 2/3~2/6(後半) | トップページ | まだまだ厳しい冬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津絵ろうそくまつり:

« 御前崎オフ 2/3~2/6(後半) | トップページ | まだまだ厳しい冬 »