無料ブログはココログ

リンク

« 川内村 11/13 | トップページ | 師走 »

2011年11月22日 (火)

阿武隈 入道の湯 大風林道 11/19-20

 FCYCLEのオフで入道温泉へ行ってきました。残念なことに天気は下り坂で、列車輪行で行こうと思ったのですが、カーサイクリングに切り替えました。
 初日は古殿町の入道温泉集合なので、棚倉城跡の駐車場に車をデポし
 棚倉→浅川→鮫川→棚倉
 と雨の中を走りました。地図を見るのもおっくうになるほどの雨脚でしたが、寒くないのが救いでした。棚倉城の紅葉が見事で、会津は今ひとつだけれど、阿武隈の紅葉はなかなかですね。
N1

 入道温泉はこれで三度目、最初に行ったときから見ると立て替えられたとはいえ、まだまだ阿武隈の湯治場の雰囲気を残しています。2日目はのコースは
 入道→百目鬼→越代→大風林道→入遠野川沿い→遠野→御斉所街道→入道
 です。震災の影響が残っており入遠野川沿いの林道は大きく滑落していて、遠野トンネルまで引き返すことになりました。御斉所街道も大きな迂回路がありました。宿では直下型と思われるドーンドーンと響く地震が3度ほどもありびっくりさせられました。
 入道の湯、そしてこの看板のすぐ先にあった万屋は、1970年代にタイムスリップしたような雰囲気をかもし出していた。
N2

 349を百目鬼から外れて越代へ向かう、道端には紅葉のきれいな木々が続く。
N3

 阿武隈の道は小さな峠をいくつも越えていく、上り道には、凍結時に使う砂袋が積まれ冬に備えられていた。
N4

 大風林道へ、紅葉はますます良くなってきた。
N5

 入遠野川沿いの道に出ると、舗装が切れ道は荒れていた。ここも紅葉が良いところだ。
N6

 駐車スペースで宿で作ってもらったおにぎりをパクつき更に下ろうとしたら、道は完全に崩壊し撤退を余儀なくされた。
N7

 皿貝で常磐線で帰る輪友と別れ、御斉所街道を古殿を目指す。時折、こんな紅葉を見かけ足を止めるが、晴れていた空から雨がぱらつきだし先を急いだ。
N8

 雨の中最後にまたカッパを着ることになり、濡れ鼠になり入道温泉へ到着、最後にあのツルツルする湯につかり汗を流して車で帰路についた。

« 川内村 11/13 | トップページ | 師走 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/43107818

この記事へのトラックバック一覧です: 阿武隈 入道の湯 大風林道 11/19-20:

« 川内村 11/13 | トップページ | 師走 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30