無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« JRR-4 | トップページ | 日本で一番暑い »

2008年7月27日 (日)

計算機

Taiga  先週訪れた原子力研究所のJRR-1という日本で最初に作られた実験用原子炉施設で面白いものを見つけました。この原子炉は1957年が初始動といいますから驚きです。原子炉はすでに解体され展示館になっています。最初の写真は展示されていたタイガーの計算機です。これは、私が学生時代1970頃チン・ジャラ、チン・ジャラと計算に明け暮れた代物です。この原子炉でもこれが大活躍していた事でしょう。

9801  もう一つの写真はかのNECのPC9801がまだ動態で活躍していたのです。管制室は原子炉シュミュレーションの場となっていましたが、そこで数台の9801がまだ活躍していました。私が9801を使い始めたのが1986年で、10年ほどでDOSーVとの競争に負けて姿を消してしまいました。特にあのN88BASICを駆使しての世界はどこへ消えてしまったのかと思います。

 まさに、計算機と呼ばれるのが適切な時代があったのです。今のコンピュータはあまりに機能的でブラックボックス的要素が強くなりすぎてしまったような気がします。

« JRR-4 | トップページ | 日本で一番暑い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計算機:

« JRR-4 | トップページ | 日本で一番暑い »