無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ホームページの更新 | トップページ | ハスが開花 »

2008年7月13日 (日)

ニュートンに捧ぐ

    Newton       もうひとつニュートンの話題です。

 「ニュートンに捧ぐ」というブロンズ像があります。写真のように、頭と内臓がくり抜かれた奇妙な像です。よく見ると、手の指も一本無くて、足下に転がっているのです。振り子を持っているのがなにやら実験をしているニュートンということでしょうか。

 これは、サルバトール・ダリの1969年の製作です。実物は、裏磐梯の諸橋近代美術館に展示してあります。ダリはニュートンに何か思い入れがあったのでしょうか。ダリの作品は中々馴染めるものが無いのですが、ニュートンということで取り上げてみましたがどうでしょうか。

« ホームページの更新 | トップページ | ハスが開花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュートンに捧ぐ:

« ホームページの更新 | トップページ | ハスが開花 »