無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 会津でも梅が | トップページ | HPを更新しました »

2008年3月30日 (日)

北帰行2

 夏井川の下平窪は、白鳥広場の看板も案内板も取り外されてしまい、白鳥の姿は見られなくなりました。北へ帰ってしまったのでしょう。

 猪苗代湖は風が強く波頭が砕け散る状態でした。志田浜に数羽の白鳥を見かけましたが、長浜には1羽だけカモの数は随分減ったもののオナガガモが砂浜や波打ち際にあふれ餌を取り合っていました。ユリカモメの数も増えていたようです。ユリカモメより体の大きいカモメも数羽見ることができました。カモメが乱舞する光景は海ではよく見かけるのですが、猪苗代湖では不思議な気がします。

 たくさんいるオナガガモの中に、頭の黒い小型のカモを見つけました。コスズガモかスズガモではないでしょうか。この辺りになると、ネットで調べてみても違いが分かりません。

Kosuzugamo

« 会津でも梅が | トップページ | HPを更新しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北帰行2:

« 会津でも梅が | トップページ | HPを更新しました »