無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 皮サドルのカビ | トップページ | リコリス・インカルナタ(ヒガンバナ科) »

2006年7月30日 (日)

こだぬき

Kodanuki 今日の夕方差塩湿原寄ろうと車を走らせていると、路上に子狸がうずくまっていました。車を降りて近づいても逃げません。うつむいているので車にでもひかれたのかと更に近づくと、唸り声をあげてよちよちと逃げ出しました。でも、道路の端の段差が乗り越えられずに、牙をむき出して唸っています。写真を撮らせてもらいその場を離れましたが、親はどうしたのでしょう。

« 皮サドルのカビ | トップページ | リコリス・インカルナタ(ヒガンバナ科) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こだぬき:

« 皮サドルのカビ | トップページ | リコリス・インカルナタ(ヒガンバナ科) »